顔の乾燥対策

顔の乾燥対策がうまくいかず困り果てていました。

 

顔の乾燥対策がいるほどカサカサしてる。
顔には気を使って色々とやってるのに・・・
顔の皮膚がめくれる時がある。


スキンケアには気を使っていたはずなのに、いつの間にか乾燥していました。顔がカサカサして皮膚がめくれるので、ついつい気になって皮をむいてました。

 

顔の皮がめくれ、ところどころ赤くなってたので、みっともなくて辛かったです。化粧品でたっぷりと保湿していたんですが、全然良くなりませんでした。

 

それでも、顔の乾燥対策をどうやったらいいのか悩みながら色々と探っていました。

 

でも顔がカサカサに乾燥する原因が分かってからは、だんだんと乾燥も治っていき、顔の皮膚のめくれがなくなり瑞々しい肌になったんです。

 

本来の肌がもっている自然治癒の力に驚いています。その力を引き出せた乾燥対策についてお伝えします。

 

顔がカサカサして皮膚がめくれるほどの乾燥肌になる原因はなに?

 

乾燥肌を招くスキンケア

 

皮膚のバリア機能が正常なら乾燥肌にはなりません。乾燥肌になるのはバリア機能が低下しているから。

 

水分を外に逃がさない大事な角質層が乱れてしまっているんですね。

 

なぜ崩れるか?それは自分では良いと思ってやっているスキンケアが実際には角質層にダメージを与えるスキンケアだからです。

 

毎日よかれと思ってやっていることが、真逆の結果を招いていたんですね。

 

 

日頃から行いがちな間違ったスキンケア

 

それでは日頃どんな間違ったスキンケアをしているんでしょうか。

 

いっしょうけんめいスキンケアに取り組んでる時に犯しがちな誤りが「こする」ということです。

 

乾燥肌でお悩みの方は、以下のようなことをしていないか、スキンケアの方法を見直してみてください。

 

間違ったスキンケアの中でも、特に乾燥肌の最大の原因になるのが「こすりすぎ」なんです。ついつい力を入れ過ぎてるんですね。

 

力を入れ過ぎるといいますけど、そもそもどの程度の力なら良いのか?

 

大袈裟でなく指紋が顔に触れてる位でこすっただけでも、角質細胞はダメージを負います。

 

「え。指紋ぐらいで?!」と驚きますよね。それほど顔の皮膚は繊細で壊れやすいんです。だから力を入れてこするなんてもってのほかなんです。

 

次のような間違ったケアしてませんか?

 

クレンジングの時に、指が顔に触れたままで何度も撫でまわす。
何度もふき取りクレンジングやふき取り化粧水を使う
化粧水を皮膚の奥まで沁みこませようとパッティングをする
クリームを指で(知らず知らず強い力で)塗り込む。
血行を促進するためといいながら、毛細血管を傷つけるマッサージをしている

 

こういった「こする」行為が角質を乱し、水分が逃げだしてしまったのが乾燥肌なんです。

 

 

まずはスキンケアの基本の洗顔を間違ってませんか?

 

 

洗顔の仕方間違ってませんか?
お肌が乾燥しているのに、つぎのような洗顔をしているのなら即刻やめてくださいね。

 

朝、洗顔剤や石鹸を使ってしっかり洗顔する
顔を洗う時のお湯の温度が高い
顔を洗った後、タオルで顔をぬぐう(タオルで顔を押さえるのではなく、拭いてしまう)
夜のクレンジングや洗顔で、徹底的に汚れやメイクを落としている

 

乾燥肌は洗いすぎは厳禁なんです。こんな間違ったスキンケアをして乾燥肌が続いてしまうと、化粧水が沁みてヒリヒリする敏感肌になってしまいます。

 

それに肌が厚く固く弾力性の乏しい肌になって、化粧品が浸み込んでいかなくなってしまうんです。

 

シミ、クスミ、小じわもできてくるんですから、乾燥肌は早いうちに直さないといけないですよね。

 

皮脂の分泌が普段から少ない人は、朝はぬるま湯で軽くすすぐ程度で十分なんですよ。

 

お肌のトラブルを治す対策

 

肌のバリア機能を取り戻す対策が一番大事ですよね。

 

バリア機能がしっかりしてくると、水分が肌に保たれるので乾燥肌でなくなってきます。

 

まずは朝の洗顔の正しい方法を身につけることが、色々なスキンケアに役立ちます。

 

乾燥肌をしっかり保湿された肌に戻すには、朝の洗顔方法を見直すことでいかに自分が間違っていたかを知る事が大事なんですね。

 

乾燥肌の正しい洗顔方法

 

乾燥肌にならない洗顔の方法

 

洗顔の目的は顔に付着した余分な汚れや皮脂を落とすことと、肌の水分と油分のバランスのとれた状態にすることです。

 

だから油分を落としすぎては駄目なんですね。

 

ここで今一度思い出してほしいんですが、正しい洗顔は「こすりすぎない」事ですから忘れないようにしてください。

 

朝顔を洗うときに指を使って顔をゴシゴシ洗っているならやめましょう。

 

まず両手を洗って雑菌を洗い流してください。
それから毛穴を開くためにぬるま湯で顔を洗います。

熱いお湯だと皮脂が流れ過ぎてしまって、乾燥肌の原因になりますから注意してくださいね。

こすり過ぎないという原則を忘れないように。

 

特に、目元や口元などは頬やおでこよりも皮膚が薄いですからシミやシワの原因にもなります。

 

正しい洗顔はとても大事なんですが、一度乾燥肌になっているとこれだけではなかなか治り辛いんですよね。だからもっと積極的な乾燥肌のスキンケアが必要になります。

 

一生懸命になるとついつい「皮膚をこする」癖が出てしまいます。それではどうしようもないですから、簡単でしっかりとスキンケアのできる方法を探しました。

 

乾燥肌のスキンケアを効果的に行うために

 

スキンケア用品ってもの凄くたくさんあるんですね。驚きました。星の数ほどある中から選んだのが、エステナードソニックでした。エステナードは有名な美容器ですから知ってはいたんですが、特徴を良く理解してなかったので使ったことは無かったです。

 

自分のスキンケアの問題点には次のようなものがありました。

 

顔の皮膚はどうしても何度も触ってこすりがち
しっかりとスキンケアしようとするとつい指に力が入る
肌の奥まで浸透させようとすると圧をかけすぎる

 

不器用な私がこんな問題を治すのはとうぶん無理だだったので、エステナードという美顔器に決めました。

 

他の美顔器は自分が普段使っている化粧品を使えるというものでした。

 

でも正直自分の持っている化粧品が本当に乾燥肌を治してくれるものかどうか良くわかりませんでした。

 

第一、化粧水、美容液、乳液などをバラバラに使っていたので、何度も顔をこすることになっていたんですね。

 

エステナードを使うまでは、オールインワンジェルって手間が省けるぐらいにしか考えてなかったんですが、何度も顔を触らないというメリットは大きいものでした。

 

返金保証もあったし、もし肌に合わなかったら解約もできると言われたので、割と気楽な気持ちで申し込みました。

 

口コミには良いものも悪いものもありました。中には980円だから購入したのにジェルを買わなきゃならないなんて知らなかったというものも。

 

これにはちょっと驚きました。この点については説明が書いてあるので、「それはないでしょう」という感じでした。

 

でも肌に合うあわないはあるんだな、それはどんなものでもそうだよねと妙に納得できました。

 

エステナードを3か月使ってみました

 

このジェル使ってみるともの凄くいいですよ。最初はもっと安いジェルないかなとか思ったんですが、今までの経験では安物はダメでした。

 

安過ぎず高すぎずだから価格的にもちょうど良かったです。

 

実際使ってみると肌の奥まで浸透する感じがして、実際この夏はあまりお日さま負けしませんでした。

 

実際の効果を感じたのは使って2か月目の半ばくらいからです。

 

乾燥肌を即効で治すことなんてできませんよね、長い間のスキンケアの間違いが積み重なった結果なんですから。

 

それでも2か月半くらいで肌が潤ってカサカサ感が無くなってきました。周囲からは「一体何してるの?」と言われます。

 

半年後がもっと楽しみです。

 

>>エステナードソニックの詳細