MENU

顔の乾燥対策がうまくいかない悩みは今は解決しました。

顔がカサカサに乾燥して白い粉を吹いたように見えてました。

化粧水の量をたっぷりと使っても治らない。

 

顔の乾燥対策がうまくいかず困っていても、

 

何が間違っているのか良くは分からない。

 

 

そんな悩みを抱えていた私でしたが、今ではしっとり瑞々しい肌になりました。

 

顔の乾燥対策がどうしても上手くいかない悩み。それを解消する方法をご紹介します。

 

顔の乾燥に悩んでいました

 

 

乾燥肌のスキンケアは、まず顔が乾燥する原因を知ることから始まります。

 

原因を知ることで初めて対策が立てられ、顔の乾燥が解消します。

 

 

顔が乾燥肌になる原因とは?

 

乾燥肌を招くスキンケア

 

皮膚には水分を保つバリア機能があります。

 

バリア機能が低下することによって乾燥肌になってしまいます。

 

顔が白い粉を吹いた状態は、角質がはがれる時が来ていないのに、

 

乾燥によってはがれ落ちているのです。

 

 

ではこのバリア機能の低下の原因は何でしょうか?

 

それは角質層が乱れることにより、顔の水分が角質層の隙間から失われるためです。

 

 

 

ではなぜ角質層が乱れるのか?

 

 

それは知らないうちに、角質層を乱すようなスキンケアをしているからです。

 

 

自分でも何気なくやってたり、良いと思い込んでいるスキンケアが、角質層にダメージを与えていることがあるのです。

 

 

まずは、疑いもせずやっているスキンケアのチェックが必要になります。

 

 

代表的な間違ったスキンケア

 

 

スキンケアで犯しがちな誤りが「こする」ことです。

 

乾燥肌の最大の原因が「こすりすぎ」なのです。

 

 

顔の皮膚は、指が微かに顔に触れてる状態で指を何度も動かすと、角質層がダメージを負うぐらいデリケートなのです。

 

思っている以上に繊細で壊れやすい顔の皮膚には、もっと注意深いスキンケアが必要です。

 

 

あなたは次のような間違ったケアしてないでしょうか?

 

どうか確認をしてみてください。

 

 

顔をこすってクレンジングなどする

 

クレンジングの時に、指で何度も撫でまわす。
何度も、ふき取りクレンジングを行う
化粧水でパッティングをする
クリームを指で塗り込む。
お顔の血行マッサージをする

 

このような「こする」行為で角質が乱れてしまい、乾燥肌になります。

 

 

スキンケアの基本である洗顔は正しくできているでしょうか

 

 

 

お肌の乾燥があるのに、つぎのような洗顔をしていたら即刻やめてください。

 

洗顔の仕方間違ってませんか?

朝、洗顔剤や石鹸でしっかり洗顔する
顔を洗う時のお湯の温度が高い
顔を洗った後、タオルで顔をぬぐう
夜徹底的に汚れやメイクを落としている

 

乾燥肌に洗いすぎは厳禁です。間違ったスキンケアで乾燥肌が続くと、化粧水が沁みてヒリヒリする敏感肌になってしまいます。

 

そのうちに、肌が厚く固く弾力性が乏しくなって、だんだんと化粧品が浸み込まなくなってしまいます。

 

そんなことは絶対に避けたいことです。

 

 

お肌のトラブルを治す対策

 

だから、肌のバリア機能を少しでも早く回復することが大事なんです。

 

バリア機能が正常になってくると、肌に水分が保たれるようになります。

 

朝の正しい洗顔の方法を身につけることがスキンケアに役立つので確認しておきましょう。

 

乾燥肌の正しい洗顔方法

 

乾燥肌の正しい洗顔法

 

洗顔することで顔に付着した余分な汚れや皮脂を落とし、肌の水分と油分のバランスをとります。

 

 

この時、指で顔をゴシゴシ洗わない事が大切です。

 

 

乾燥肌にならない洗顔の方法

 

まず両手を洗って、雑菌を洗い流してくださいね。

 

次に、38℃位のぬるま湯で顔を洗って毛穴を開きます。

 

42℃以上の熱いお湯では皮脂が流れ過ぎて、乾燥肌の原因になるので注意してくださいね。

 

あくまでこすり過ぎないことが大事なんです。

 

また使うタオルは肌触りの良い繊維の柔らかい清潔なものを使います。

 

目元や口元は頬やおでこよりも皮膚が薄いので、シミやシワの原因にもなるので注意してください。

 

 

顔の乾燥肌を治すスキンケア

 

気をつけなければならないのは、作業が多いとつい顔をこすりがちになることです。

 

正しい洗顔を覚えたら、次に顔の乾燥に対してスキンケアをしましょう。

 

 

自然乾燥をさせると、顔表面の水分の蒸発と一緒に肌内部の水分も失われていきます。

 

お風呂上がりで潤っていると安心してそのままにしている時が特に注意が必要です。

 

 

直ぐに化粧水で保湿をします。

 

 

ヒアルロン酸とコラーゲン

 

コラーゲンや水分保持能力の高いヒアルロン酸の入っている化粧水を使うとよいでしょう。

 

 

化粧水はコットンでパタパタ叩かないように、手のひらで押さえ込むことで有効成分を浸透させます。

 

 

保湿成分であるヒアルロン酸とコラーゲンを、画像の深い位置まで深く浸み込ませる必要があるのです。

 

 

でも、なかなか浸透していることが分からないので、上手く肌の奥に届いているかどうかは判断しにくいところです。

 

この時についつい浸透させようとするあまり、叩いたり、こすったり皮膚にダメージを与えないように注意してください。

 

 

化粧水、乳液、美容液それぞれをこすらずに浸透させるのはなかなか難しいので、美顔器を使うのも良い方法です。

 

朝のスキンケアは特に、化粧崩れを気にしたり、時間がないと手を抜いてしまいがちです。

 

 

朝の保湿こそ大事なのに、この手抜きのケアが乾燥肌に拍車をかけてしまうのです

 

 

 

乾燥肌のケアができない人が有効に保湿できる方法

 

このように、肌の奥に保湿成分を届けるのが難しかったり時間がない人は、

 

オールインワン化粧品を上手に使えば時間の短縮ができます。

 

 

オールインワン化粧品で短時間に肌の奥まで保湿成分を届けることができたら、顔の乾燥肌は治ります。

 

ただ、保湿成分を肌に負担をかけず届けることが難しいと感じていました。

 

 

何かもっと簡単にできるものを探していて、これなら良いのではないかと思ったのが、エステナードソニックローズでした。

 

超音波で負担をかけずに保湿成分を奥まで届けられるというものです。

 

これが本当なら誰でもできる簡単な方法です。試してみたくなりました。

 

 

 

確かに使ってみなくてはわからないので、タメライもあったんですけど、

 

安い上に返金保証まであったことが背中を押してくれました。

 

 

エステナードを使ってみての感想

 

特に振動をすごく実感するわけでもないし、最初は効果を実感できませんでした。

 

ところが1ヶ月を過ぎる頃から、顔の白い粉が治まってきたのに気づいたんです。

 

 

美顔器を使うメリットは、何よりも何度も顔を触らずに

 

保湿成分を肌の奥に届けられることが大きいんだと改めて実感したときです。

 

 

おかげで、3ヶ月経過たった今は本当に瑞々しい肌になりました。

 

 

私のようにやや不器用な者にとってはとても役立つありがたいものです。

 

 

友達が「最近顔つきが明るくなったよ。どうしたの教えて。」と言いました。

 

 

ウインドウショッピングに街に出かけることも多くなったし、今では、お化粧の時間が楽しみです。

 

 

専用ジェルとセットで初回限定【980円】の詳細  

 

 

 

 

 

更新履歴
このページの先頭へ